エンタメ

高橋亜美(ゆずりは)は夫と子供がいる!大学や経歴と壮絶な生い立ち!

める
める
こんにちは、めるです!
まる
まる
高橋亜美さんってご存じですか?

児童虐待の相談件数が過去最高値を更新するなか、大人になってなお、かつて受けた虐待の傷に苦しむ人がいる。

高橋亜美さんはそうした人を支援してきた第一人者。

相談者と向き合い、寄り添い続ける。

「支援にゴールはない」と言い切る彼女には壮絶な過去があった。

虐待を受け、「死にたい」と思い詰めた幼き日。

そのとき見つけた希望の灯とは…。

そこで今回は『高橋亜美(ゆずりは)|は夫と子供がいる!大学や経歴と壮絶な生い立ち!』と題しまして、高橋亜美さんについて、お伝えしたいと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

高橋亜美(ゆずりは)|は夫と子供がいる!

 

この投稿をInstagramで見る

 

【NHK、 2月に「虐待を考える」 関連番組を集中編成】 その記事には、 子どもだけでなく、親も 「助けて」と言える社会に なるためにできることを 考えていく、とある。 これは先の島田妙子さんの ご著書の内容にも通じること。 また、 「虐待を考えるキャンペーン」 と銘打った取り組みのひとつが 2月4日(火)の 『プロフェッショナル仕事の流儀』 「苦しい時も一緒に、だから 虐待・貧困支援 高橋亜美」の 制作と放送だ。 高橋亜美さんが責任者を務める アフターケア相談所「ゆずりは」 その母体である「子供の家」は、 以前拝読した『子どもの未来を あきらめない ―施設で育った 子どもの自立支援―』の著者の おひとり、早川 悟司さんが 施設長を務めていらしていて、 高橋さんと、故大森信也氏も 作者に名を連ねている。 児童虐待は本当に、看過しては ならない問題のひとつだ。微力な 私ながら、彼女・彼らにパワーを 借りつつ、出来る限りのことを していきたいと思う。 これからもずっと。 #NHK虐待を考える #プロフェッショナル仕事の流儀 #子どもの未来をあきらめない #高橋亜美 さん #早川悟司 さん #大森信也 さん #アフターケア相談所ゆずりは #子供の家 #虐待防止 #全ての子どもを幸せに #子どもたちの幸せを祈る

白木蓮(@magnoliart22)がシェアした投稿 –

高橋亜美プロフィール

・名前:高橋亜美(たかはし あみ)
・生年月日:1973年
・出身地:岐阜県
・出身大学:日本社会事業大学児童福祉学部
・職業:社会福祉法人 子供の家 ゆずりは 所長
・Facebook:高橋亜美

高橋亜美さんは結婚し夫や子供がいるのでしょうか?

調べてみたところ、高橋亜美さんは現在結婚し、夫と小学生になる娘、保育園に通う息子がいるようです!

岐阜から東京の「ゆずりは」まで毎日通ってソーシャルワーカーを続けているのは、子育ては自分が生まれ育った岐阜でしたい、という思いがあるからだそうです。

高橋亜美は夫と子供たちはと岐阜で暮らしているようすです。

ゆずりはは東京都にあるので、新幹線で通っているんですよ。

凄い!!尊敬!!

詳しい情報はこれ以上は不明でしたが、また情報わかり次第追記しますね。

高橋亜美が代表を務める『アフターケア相談所ゆずりは』とは

アフターケア相談所ゆずりは基本情報

出典:http://tsuki-review.com/pro-gyakutai-wiki/

・名前:アフターケア相談所 ゆずりは

・住所:〒185-0011 国分寺市本多1−13−13

・TEL:042-315-6738

・アクセス:JR中央本線、西武国分寺線・多摩湖線「国分寺駅」から徒歩約10分

・スタッフ:5名

「ゆずりは」とは

家族と一緒に生活できない方々の生活・仕事・進学などのお手伝いをしています。

就職先や借りた家でのトラブル。病気、けが。

予期せぬ妊娠。

困ったことがおこって、自分一人では解決できないと思ったら、相談してみてください。

電話で日時を予約して「ゆずりは」まで行くというのが基本らしいのですが、動けない、お金がないなど、来所することが難しい場合は、伺うこともできるそうなので、諦めずに連絡して下さいね。

きっと、あなたに光を灯してくれるはずです。

相談対象者
児童養護施設・自立援助ホーム・養育家庭等を就学・就労自立で退所した方のアフターケア支援でお困りの施設他

まずは連絡を・・・ゆずりは公式サイト

大学や経歴と壮絶な生い立ち!

高橋亜美の大学や経歴

高橋亜美さんの大学や経歴とか気になりますよね♪

高橋亜美さんは岐阜県出身で、現在も岐阜県に在住されています。

卒業されている『日本社会事業大学児童福祉学部』は『福祉系大学の東大』と称されるほどの大学になります。

もともとは芸術系の大学に進学してアート系の仕事をすることを夢見ていたみたいですが、受験した美大に全て落ちてしまって唯一合格した『日本社会事業大学児童福祉学部』に進学することになったようですよ・・・人生って分かりませんね。

美大からの福祉大って、経歴にビックリです。

きっと絵とか上手いんでしょうね(笑)

はじめは興味がなかったのか・・・

福祉大では、1年生の時はあまり単位をとることができず停学になてしますが、4年生の時に実習で訪れた「自立援助ホームあすなろ荘」でこどもと触れ合い、働いてるスタッフとの出会いによって『虐待の傷に苦しむ人』に対してなにかできないかと考えはじめたらしいですよ。

しかし大学卒業してからは、福祉施設に就職することもなくカフェなどでバイトをして食いつないでいました。

そして29歳の時に学生時代に実習に訪れた『自立援助ホームあすなろ荘』でケアワーカーとして働き始めます。

こんな感じの経歴をお持ちの高橋亜美さん。

9年間ケアワーカーとして働き、2011年に東京都に養護施設・自立援助ホーム『アフターケア相談所ゆずりは』を立ち上げます。

高橋亜美の壮絶な生い立ち

幼少期は厳しい父親に育てられました。

父親は卓球選手になるのが夢で、しかし、叶えられませんでした。

その叶えられなかった夢を高橋亜美さんに託したのですが・・・

父親は卓球の事となると本当に厳しく、暴言、暴力の日々だったそうです。

そういった毎日の中、高橋亜美さんは万引きをするようになります。

その他にも、鳩をいじめたり、友達や先生にも歯向かうようになったりもしました。

あまりの厳しさに「父さんのことを〇したい!そして自分も死にたい」と本気で思っていた時期もあったらしいです。

そういった自身の経験から少年犯罪には興味を持ちながら青春時代を過ごしてたまたま受かった大学に進学することによって高橋亜美さんの運命が切り開かれます。

まとめ

今回は『高橋亜美(ゆずりは)|は夫と子供がいる!大学や経歴と壮絶な生い立ち!』と題しまして、お伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

高橋亜美さんは色んな経験をして、ここまでの方なれたんですね。

大学の失敗で福祉の道に・・・

幼い頃の経験で世の中の役に立ちたいって、素晴らしいですね♡

子供の頃、突然暴れたり、暴力をふるったりする困った子がクラスに一人や二人いましたね、みんな嫌がっていましたが、最初から悪い子ではなく家庭環境が影響していたのかなと今になって思いますね。

なにか支援できれば少しでも幸せに暮らせる人が増える事を思うと、いてもたってもいられませんね。

これから日本は格差社会になるとも言われていますから、こういった相談できる施設があると安心できる人も多いでしょう。

高橋亜美の活躍から目が離せません。

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

まる
まる
それでは、また♪
める
める
めるでした!