エンタメ

中本悠太(NCT127ユウタ)の出身中学や高校は?プロフィールや評判も

める
める
こんにちは、めるです!
まる
まる
中本悠太(NCT127)さんってご存知ですか?

韓国の大手芸能事務所のSMエンターテインメントより、BoA東方神起少女時代らも所属している業界最大手!そのSMから初の日本人デビューとして注目を集めています。

2016年デビューしたNCT127というグループをご存知でしょうか?

韓国・日本・中国・アメリカ・カナダのメンバーで成り立っているグローバルアイドルグループです。

 

その中のユウタこと日本人メンバーの中本悠太さんってどんな方なんでしょう?

流暢な韓国語を話し、韓国練習生に間違えられるほどの言語能力を兼ね備えているユウタさんです。

める
める
今回、まとめた内容はこちらです↓↓↓

・ユウタの出身中学や高校はどこ?

・プロフィール

・ユウタの評判

そこで今回は『中本悠太(NCT127ユウタ)の出身中学や高校は?プロフィールや評判も』と題しまして、お伝えしたいと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

ユウタの出身中学や高校はどこ?

メンバーの中で唯一の日本人であるYUTAさんは、相当な努力家なのだとか。高校を中退し、SMの練習生になり通信制の高校に通ったそうです。

一人で渡韓しデビューを掴み取った意志の強い性格で、独学で韓国語を学び、仲良くなりたい人がいたら積極的に話しかける社交性も。

気なるユウタさんの出身中学や高校はどこなんでしょう?

八洲学園大学国際高等学校卒業とありますが、こちらが高校中退後に入学した通信制の高校ですね。

場所は沖縄!ちなみに鶴見商業高校を中退しています。

中学については分からなかったのですが、出身地である門真市でずっと育ってきたなら、門真市立第2中学校、第3中学校、第4中学校、第5中学校、第7中学校、門真はすはな中学校、のいづれかだと思います。

プロフィールや評判も

ユウタプロフィール

・本名:中本悠太

・活動名:YUTA(유타)

・生年月日:1995年10月26日

・血液型:A型

・出身地:日本 大阪府門真市

・家族構成:父、母、姉、妹

・身長:176cm

・足のサイズ:27cm

・出身高校:八洲学園大学国際高等学校卒業

・所属グループ:NCT 127

・好きな食べ物:スイカ、たこ焼き、トッポッキ

YUTAさんはメンバー達から「サンナムジャ(상남자)」(男の中の男という意味)と言われていて、負けず嫌いで男っぽい反面、グループの日本での活動の時はメンバーを気遣ったりと優しい面もあるそうです♡

ユウタの評判

める
める
自分の夢の為に家族から離れて外国で一人で頑張ってる悠太くんの姿を見ていると鏡に写ってる自分と似てるみたいで心から応援したくなる。
口に出していないだけで、きっと今までいろんな苦労も努力もあったはずだよね。
アーティストとしても当然だけど、
中本悠太という人としてもすごく尊敬してる。
まる
まる
性別年齢関係なく誰もに可愛いと言われる中本悠太
める
める
異国の地でたった1人で飛び込んでいく勇気とメンバー皆を虜にしちゃう人間性とシズニをいつも忘れないでいてくれてたくさんたくさん愛してくれるおっきな愛をもった人それが中本悠太です。
私はそんなゆたくんが大好きになったし、これからもずっと大好き。
どんなことがあってもずっとついてくよ。
まる
まる
yutaがトレンドに入っていたのでちょっと調べてみたら、反韓の友達がいることで炎上してたのね。
でも「中本悠太」で検索しても「ファンです~」みたいなツイートしか出てこないんだよな。
日本語世界の温度差を感じる。
める
める
ゆうたの件だけど仮に影響力のある人間があからさまに大勢の人間に対して負の影響を与えてしまうのはよくない。
でもそれは彼を頭ごなしに叩く理由にはならないし、交友関係から政治的立場を断定するのは不明瞭な点が多すぎると思う。
批判はまだしもこれは立派な誹謗中傷なのではないだろうか
まる
まる
ただいかなる冗談や動画のネタになるからといえ差別的な発言や行動は決して許されるものではない。
平和であってほしい。
中本悠太のことは日本人だからどうこうではなくアイドルとして大好きだしこれからも素敵な姿をみたい!!

何があったのかは、よく分かりませんが、少し脱線してしまいましたね・・・

ユウタさんの評判は、イケメン頑張り屋さんという感じですね♡

まとめ

今回は『中本悠太(NCT127ユウタ)の出身中学や高校は?プロフィールや評判も』と題しまして、お伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

韓国のアイドルグループの日本人メンバーとして活動するユウタさん。

単身で韓国に渡り、韓国語を勉強しながら練習生時代を過ごしていたこともあり、苦労していたようですね。

そして、その分思いやり深い性格になった部分がありそうです。

ユウタさんの今後の活躍に期待したいですね!

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

まる
まる
それでは、また♪
める
める
めるでした!