エンタメ

LiSA紅蓮花の読み方は?本名と出身地や彼氏の鈴木達央バレ写真も!

める
める
こんにちは、めるです!
まる
まる
2019年の『NHK紅白歌合戦』に、歌手のLiSAさんの出場が決まりましたね!!

アニソン界のアイドルスターロックヒロインことLiSA(リサ)さんですね!

そのルックスはもちろんのこと、歌唱力もピカイチ!

そこで今回は『LiSA紅蓮花の読み方は?本名と出身地や彼氏の鈴木達央バレ写真も!』と題しましてお伝えしていこうと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

LiSA紅蓮花の読み方は?

Lisaさんはアニメソングを歌っているため、若い人の間でとても人気のある歌手なんです。

Lisaさんが紅白に出場決定でLisaさんが何を歌うかにも注目が集まっていて、紅蓮花が聴きたいという声も多いようですよ!

Lisaさんはテレビアニメ「ソードアート・オンライン」や「メカクシティアクターズ」などの主題歌や挿入歌を歌っていることで人気のあるアニソン歌手です。

特に2019年7月3日に発売された、「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮花」は2週連続オリコンの週間ダウンロードランキング1位のヒット曲となっています。

LiSAの紅蓮華って読み方って
「ぐれんげ」なの?
「ぐれんか」だよね??

実は私も紅蓮花の読み方がわからなかったんですよね。

「鬼滅の刃」も見たことなかったので・・・。

紅蓮花は「ぐれんげ」と読むんですね!


紅蓮花を知っている人でも読み方勘違いしている人もいるみたいですね!

LiSAさんは、声も良く出ているし抑揚もあって若い人に人気があるのには納得します♪

読み方も「くれんげ」と分かったことだし・・・

紅白が楽しみですね♡

LiSAの本名と出身地は?

Lisaのプロフィール

名前:Lisa(りさ)

本名:織部理沙(おりべりさ)

生年月日:1987年6月24日

出身地:岐阜県関市

血液型:B型

所属:ソニー・ミュージックアーティスツ

Lisa(本名:織部理沙)さんはお母さんの影響で3歳からピアノを習っていたそうです。

人見知りが激しかったLisa(本名:織部理沙)さんをお母さんが心配して、ミュージカル教室に入れたらしいですよ。

お母さんのおかげもあり、Lisa(本名:織部理沙)さんはミュージカルが楽しくて歌うことが好きになったそうで、小学生の頃SPEEDに憧れていたそうですよ♪

Lisa(本名:織部理沙)さんは出身地の岐阜での高校時代とても成績が良かったそうで、大学進学を勧められたそうですが、バンド活動を優先させるために進学はしなかったそうです。

Lisa(本名:織部理沙)さんのバンドはとても評判が良く出身地の岐阜だけでなく大阪などでもライブをしていたそうなんですよ!

そのバンド活動も進学や就職でメンバーがいなくなり、思うような活動ができなくなっていったようです。

2008年にバンドを解散したLisa(本名:織部理沙)さんは、出身地の岐阜を離れ、音楽を続けるために東京へと上京、2010年にはメジャーデビューをしました!

Lisaの彼氏の鈴木達央バレ写真も!

まる
まる
  鈴木達央さんLiSAさんの彼氏みたいですね♡

Lisaさんの彼氏の鈴木達央さんは日本の声優で、人気アニメ「Free!」では橘真琴役を演じ話題になりました。

Lisaさんの彼氏の鈴木達央さんは、声優としては他にも「七つの大罪」や「名探偵コナン」など、多くのアニメ作品にも参加しています。

声優活動から歌手としてもデビューしており数曲出すなど活躍しているようです。

出典:http://mikimane.com/suzuki-tatsuhisa-lisa-netsuai/

彼氏の鈴木達央さんとLiSAさんが、夜に二人で歩いているところを撮影され、この画像が拡散されました。

この画像が拡散される以前から彼氏の鈴木達央さんとLiSAさんの熱愛は噂されていたようですが、この画像によりさらにその噂の真実味が高まったようです。

まとめ

今回は『LiSA紅蓮花の読み方は?本名と出身地や彼氏の鈴木達央バレ写真も!』と題しましてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

アニソンの女王Lisaさんがソロデビュー9年目にして「第70回NHK紅白歌合戦」に出場!

Lisaさんが紅白に出場決定でLisaさんが何を歌うかにも注目が集まっていて、紅蓮花が聴きたいという声も多いようですよ!

だた紅蓮花読み方が分からなかったり・・・で恥ずかしいですね笑

もう覚えましたよ!「くれんげ」ですから♪

今後のLiSAさんの活躍やプライベートも気になりますね。

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

まる
まる
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!
める
める
めるでした!