レジャー

冬キャンプの暖房はストーブで!換気と潜む危険「一酸化炭素中毒」!

める
める
こんにちは、めるです!
まる
まる
冬キャンプが今きてるよ!

冬キャンプの魅力は、キャンプ場が空いていたり、空気が綺麗だったりと、実は冬のキャンプも人気なんですよ。

キャンプと行ったら夏!他の春・秋と比べても、冬キャンプは寒くてちょっと…という人は多いのではないでしょうか?

澄んだ空気や人が少なくゆったりしたキャンプ場でキャンプのできる冬キャンプは、他のシーズンとは違ったキャンプを楽しめるが人気みたいですね♪

そこで今回は『冬キャンプの暖房はストーブで!換気と潜む危険「一酸化炭素中毒」!』と題しまして、冬キャンプについてお伝えしていこうと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

冬キャンプの暖房はストーブで!

寒い冬キャンプでの暖房はストーブがオススメ!ですが、どんなストーブが適しているのかというとお好みに応じて、決めちゃって良いと思います。

でも、難易度、危険度なども考慮して、冬キャンプの経験値に応じた選択が賢明です。

冬のキャンプと言えども、キャンプですから、バーベキューコンロはあるはずですので、バーベキューコンロでを取るというのもありですが、やはり、バーベキューコンロとは別に、ストーブがあった方が便利ですね。

やはり、テントやタープやシェルターの中でストーブを使ってこそ、暖かい!を実感できますので、テントやタープなども工夫する必要があります。

薪ストーブはキャンパーのあこがれ?

キャンパーのあこがれ?
というほどかどうかは別にして、アウトドアなストーブと言えば、薪ストーブですね。

薪ストーブは都会の家では普通は味わえないものですから、キャンプで思いっきり、アウトドアを感じたいなら、薪ストーブ!でしょうね。

薪ストーブのメリットは昼間は、屋外で使用し、日が暮れてくると、テントやシェルターの中で使えますし、煮物、焼き物などの料理にも使えるという重宝モノです。

デメリットは薪ストーブの場合は、購入して、そのまま、すぐに使えない!という特徴もあるので、ご注意です。

いわゆる、慣らし運転というか、慣らし焚きというか、事前に、薪ストーブに訓練をさせるわけです。

鋳物製の薪ストーブが多いということから、鋳物を熱に慣れさせる必要があるため、各製品の説明書などをしっかり読んで、事前準備してください。

金額的に多少高額であったり、事前準備が必要だったりしますので、それも、含め、ご検討下さい。

石油ストーブ

そして、
次に、オススメするのが、石油ストーブです。

石油ストーブって、家にある灯油を使うストーブ?

そうです!

その石油ストーブです。

家で使ってる石油ストーブをそのまま、キャンプに持ってきちゃう!という方法もありなんですよ♪

しかし、ファンヒーターのように、温風が流れ出るタイプだと電源が必要ですから、乾電池で着火するタイプか、一昔前のマッチやライターで火をつけるタイプの方が、無難ですね。

もちろん、電源が準備されているキャンプ場なら、ファンヒーターでもOKです。

オススメは、やはり、下記映像のあるようなキャンプ用の石油ストーブですね。

 

コンパクトですし、持ち運びもできてしまいますので、キャンプでは便利な存在となると思います☆

 

キャンパーに注目されているいくつかの石油ストーブメーカー
下記に、ご紹介します。

フジカ:30,000円弱から60,000円
武井バーナー:30,000円から70,000円
アラジン:40,000円前後
トヨトミ:10,000円から20,000円
スノーピーク:30,000円から40,000円
アルパカ:30,000円から40,000円程度

冬キャンプのようなアウトドアでも使える石油ストーブとなると、価格は、けっこう、高めですが、薪ストーブに比べて、お手軽に使えるという点を考慮すると、仕方ないのでしょうか?

自分は、薪ストーブ派?石油ストーブ派?という部分をじっくりと、ご検討下さい。

ガスストーブと電気ストーブ

ガスのカセットを使うガスストーブや電気が必要な電気ストーブなどもあります。

ガスも石油ストーブ同様にお手軽!
電気ストーブもお手軽プラス安全!
というような特徴がありますが、

熱効率という点では、ガスストーブも電気ストーブも石油ストーブには負けてしまいます。

従って・・・

思いっきりアウトドア!なら、薪ストーブ!
お手軽プラス熱効率なら、石油ストーブ!
という具合に、整理できるということになるのではないでしょうか・・・

換気と潜む危険「一酸化炭素中毒」!

石油ストーブをつけたまま閉め切ったテントで眠ってしまう・・・その後に起こりうる惨事を想像できますか?

酸素不足で発生した一酸化炭素が充満し、命を落とす危険な状況に陥ってしまうことも。

冬キャンプを安全に楽しむために、一酸化炭素対策をチェック!

寒くなるこれからの季節、キャンプでどう暖を取るかは重要課題です。

石油ストーブを持って出かける方も増えますが、そこで気をつけたいのが一酸化炭素中毒。

ガス・石油ストーブに限らず誤った火器使用で発生してしまう一酸化炭素は、思いも寄らぬ重大事故に繋がる場合もあります。

一酸化炭素中毒に陥らないための「3つの知識」

未然に防ぐためには「どういう状態になったら一酸化炭素が発生するのか」を知っておくことが大事です。また、こんな症状が起きたら危険というサインも要チェック!

なぜ起こる?

一酸化炭素は、狭い空間で炭を燃やしたり石油ストーブを使うと酸素が不足することで発生します。
燃料の種類に関わらず「燃焼される」ものであれば、炭でも薪でも石油でも起こりうる現象です。

発生したらわかるの?

一酸化炭素は無色無臭。就寝中に中毒に陥り気づかぬまま命を落としてしまう事故が後を絶たないのも、この恐ろしい特性による部分が大きいようです。

どんな症状?

頭がボーッとするという初期症状に始まり、頭痛を感じたら要注意です。
他にもしびれが出たり、重症化すると意識が遠のき身動きがまったく取れなくなる場合も。

一酸化炭素中毒にならないための具体策は?

寒いからといって閉め切ったテント内にバーベキューコンロを持ち込むのはNG。

大勢で盛り上がっていると一酸化炭素に気づかないので、本当に危険!

屋外に限らず、コテージやバンガローといった室内空間でも同様に注意が必要です。

集団で盛り上がっていたり、寒さに耐えられなかったり、現場での判断は時に理性とは真逆の方向にいってしまうこともあります。

そういう時こそ、冷静な判断が必要です。

必ず換気を

bench
出典:Hero Field.com

テント内で火器はどんな状況であれ使用厳禁です。

それでもテント内で石油ストーブや焚き火台を使う場合は、閉め切らないこと、換気できる環境にして下さい!

テントのスカートが付いていて裾から風が出入りしないようなテントは、換気は特に要注意して下さいね!

窓の一部をメッシュにしたりベンチレーションを開けておくなどの換気対策は、定期的に確認を!

一酸化炭素警報機の使用

eyecatch
出典:DOPPELGANGER OUTDOOR

換気は絶対条件ですが、酸素不足にならないための対策と注意を払ったうえで併用すると安心なのが、一酸化炭素警報機。

テント内の一酸化炭素を感知し、アラームで危険を知らせてくれます。ただし、電池切れや故障をしていたら……そう考えると、絶対の信頼を置くのは危険です。

一酸化炭素警報器
●サイズ:10×4cm
●材質:プラスチック
●重量:90g
●電源:単三電池×2本(別売り)
●動作環境:4~38度
●湿度:25~85%

 

出典: 楽天

 

安心をこの価格で買えるので、安いもんですね☆キャンプは自己責任のもとに。

 

DOPPELGANGER OUTDOOR DOD キャンプ用一酸化炭素チェッカー2
●サイズ : W46×H72×D15mm
●重量 : 50g
●材質 : プラスチック、アルミニウム
●電源 : CR2032×2個
●動作温度 : -5℃〜50℃
●動作湿度 : 15〜90%

 

 

 

そもそもの熱源を極力安全なものにしておくという選択肢も。

 

電源サイトを利用してセラミックファンヒーターやホットカーペットなどを活用すると、危険度が下がります。

まとめ

今回は『冬キャンプの暖房はストーブで!換気と潜む危険「一酸化炭素中毒」!』と題しまして、お伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ストーブや焚き火でじんわりと暖を取るのも、冬キャンプならではの楽しみのひとつです。きちんと気をつければ、石油ストーブも大丈夫!

一酸化炭素中毒には充分配慮して、快適で安全な秋冬キャンプを楽しみましょう♪

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

まる
まる
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!
める
める
めるでした!