エンタメ

トリプルエー浦田直也(リーダー)の脱退!メンバーとの“屈辱格差”も

める
める
こんにちは、めるです!
まる
まる
AAAリーダー脱退か・・・

AAA(トリプルエー)のリーダー浦田直也さんが、本日12月31日をもってグループから脱退することを発表しました。

浦田直也さんは今年4月に暴行容疑で逮捕されたことにより所属事務所のエイベックス・マネジメントから謹慎処分を受けていました。

AAA(トリプルエー)のオフィシャルサイトでの発表によると、浦田直也さんはファンや関係者に迷惑をかけたことを猛省する日々を送り、今後の活動について考えた結果
AAA脱退を決めたとのことでした。

仕方がないと言えば、そうなのかですが・・・

頑張れる居場所もないのかなって思ったりしていまいます。

そこで今回は『トリプルエー浦田直也(リーダー)の脱退!メンバーとの“屈辱格差”も』と題しまして、浦田直也さんについて、お伝えしていこうと思ってます。

それではさっそく本題へ入っていきましょう!

トリプルエー浦田直也(リーダー)の脱退!

AAA浦田直也の大きすぎる代償 五輪の仕事も期待されていた

引用:女性自身

浦田直也さんは、今年4月に暴行容疑で逮捕されたことにより、
所属事務所のエイベックス・マネジメントから謹慎処分を受けていました。
AAA(トリプルエー)のオフィシャルサイトでの発表で、浦田直也さんはファンや関係者に迷惑をかけたことを猛省する日々を送り、今後の活動について考えた結果AAA脱退を決めらしいです。

活躍もかなりされいたのになぜ?という事件でしたね。

事件を受けて全日本空手道連盟(全空連)が所属レコード会社・エイベックスとの契約を解除され、同連盟公式応援歌にAAAの「Yell(エール)」が起用されていたが、契約を解除され、空手は来年の東京五輪で実施され、組手・型ともにメダルラッシュとなりそうです。
事件がなければ、AAAは何らかの形で五輪の空手競技絡みの仕事をこなしていたはず。

これまでは大いに期待が集まっていました。

事件によって失うものは、ことのほか大きかったでしょう・・・

やはり、脱退は仕方ないですかね。

トリプルエー浦田直也メンバーとの“屈辱格差”も

2005年にデビューしたAAAは10年から16年まで7年連続でNHK紅白歌合戦に出場するなど活躍していましたね。

浦田直也さんも09年にはソロデビューも果たし、今年はソロデビュー10周年のファンイベントが27日の東京から4都市で予定されていたのに、なぜ?

しかし、最近は個々の活動が多くなり、西島隆弘さんや宇野実彩子さんらは
俳優としても活躍している。

浦田容疑者は他のメンバーほどソロ活動が目立たず、最年長のリーダーゆえに先行きへの焦りはあったようで、また7回も紅白に出ているのに、本人が思うほど、名前と顔が認知されていないのも屈辱格差だったようですね。

なんとなく、屈辱格差っいうのも分かりますが・・・

自分の居場所しっかり見つけられていれば、脱退までしなくてもよかったのだと思います。

屈辱格差・・・結局AAA(トリプルエー)ってバラバラだったのですかね。

いい歌たくさんあったのになぁ~残念です。

AAAの浦田直也さんの歌声も大好きでした。

もう6人のAAAは見えないんですね・・・本当に残念です。


これは7人ですね♪

6人になってからもよかったのにな・・・残念しかないです。


まとめ

今回は『トリプルエー浦田直也(リーダー)の脱退!メンバーとの“屈辱格差”も』と題しまして、お伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

浦田直也さんは、面識のない20代女性のほほを平手打ちしたとして逮捕された。

「俺はAAAだ」と発言し、女性が「知らない」と答えたことで殴ったというが、

こんなことで今まで頑張ったことを全て失ってしまうなんて、悲しすぎますね。

確かに手を出した事はよくないですが、浦田直也さんは優しくていいお兄さんというイメージなので、きっと人に言えない何かがあると思いますが・・・

脱退してしまうのは本当に残念です。

いつかまた浦田直也さんの優しい歌声を聴きたいですね。

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

まる
まる
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!
める
める
めるでした!