CM

ネスレアイソカルCM女優は誰?電話でお父さんを心配する女性を調査!

める
める
こんにちは、めるです!
まる
まる
こんばんは!

「父の好物」篇「あぁあたしもお父さん 細くなったなぁって 食欲はどうなの?」と電話で母と話す娘。
「そうか…昔っからさぁ一番食いしん坊だったよね 父さんが」
「あっ あんこ…」「日本一うまいあんぱんだから!」「いらない 太るし」あんぱんを見て昔を思い出す。
「あっ あんこ」わずか100ミリリットルでごはん1杯分のカロリー わたせる栄養、もらえる元気。

そこで今回は『ネスレアイソカルCM女優は誰?電話でお父さんを心配する女性を調査!』と題しまして、片岡礼子さんについて、お伝えしてと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

ネスレアイソカルCM女優は誰?

「あぁあたしもお父さん 細くなったなぁって 食欲はどうなの?」と電話で母と話す娘は、

ネスレアイソカルCM女優は、誰?

片岡礼子さんです。

片岡礼子のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

改めまして。 昨日は映画「閉鎖病棟」の試写会がありまして笑福亭鶴瓶さん小松菜奈さん小林聡美さんと私片岡礼子、そして他の会場から駆けつけてくださいました平山秀幸監督と公開前の舞台挨拶をさせていただきました。 #閉鎖病棟 #舞台挨拶 #笑福亭鶴瓶 #綾野剛 #小松菜奈 #坂東龍汰 #平岩紙 #綾田俊樹 #森下能幸 #水澤慎吾 #駒木根隆介 #大窪人衛 #北村早樹子 #、、、、 #小林聡美さん好き #小松菜奈 #片岡礼子 #昨日の舞台挨拶の様子を届けたくて必死で書いたレポートを映画館にはいるのでスマホの電源を一度落としたら全文章が消滅したので立ち直るのに二三日いただきますきっと白髪が一気に増えたことでしょう観た映画が素晴らし過ぎて苦にならないですおっとまた映画がはじまりますのでまた後ほど #その原因の映画は蜜蜂と遠雷です素晴らしかった! #そして天気の子も #映画館での時間は贅沢な自分の時間

Reiko Kataoka/片岡礼子(@jour_reikokataoka)がシェアした投稿 –

片岡礼子プロフィール

・名前:片岡礼子(かたおかれいこ)

・生年月日:1971年12月20日

・出生地:愛媛県伊予郡松前町

・身長:160

・血液型:A型

・職業:女優

・配偶者:あり

・著名な家族

・事務所:カクトエンタテインメント

片岡礼子の経歴

20歳で女優デビューし、’01年に出演した『ハッシュ!』で映画賞を総なめにした片岡礼子さん。

実はその直後、脳出血で休養を余儀なくされるという体験をし、45歳の今、また再び女優として活躍しています。

幼いころから女優に憧れていた片岡さん。

夢を叶えるため、地元・愛媛を離れて東京の大学に進学し、20歳でスクリーンデビューされていますが、「大学4年間で女優になるチャンスがつかめなければ、愛媛に帰って就職する」。

両親とそう約束して上京したので、20歳でようやく橋口亮輔監督の『二十歳の微熱』という映画に出られることになったときは必死でした。

何週間にもわたるリハーサルで、監督も自分も内面をさらけ出してしごかれる濃密な日々。

演技経験がない私は監督が言ったことの意味すらわからなかったり、自分の拙さに泣いたり、記憶がないくらい無我夢中でした。

つらいこともたくさんありましたが、今でも女優を続けていられる原動力はこのときの体験で培われたのだと思います。と片岡礼子さんは話します。

それをきっかけに、『愛の新世界』や『鬼火』など、さまざまな映画やドラマに出演。

30歳を前にもう一度橋口監督から声をかけていただいたのが『ハッシュ!』という映画です。

台本を読んで「これがやりたかったんだ!」と号泣したくらい、思い入れのある作品だったそうです。

20歳から10年間の努力が報われた気がして、よく「これさえ終わったら、私はどうなってもいい」なんて今思うと無責任なことを言っていました。

一方、私生活では20代なかばで結婚して、27歳のときには第1子も出産しました。

女優の仕事は絶対に続けたいから、家族に負担をかけないよう、仕事の台本は「寝ないでも全然平気」なんて言いながら、睡眠時間を削って、頭痛を鎮痛剤でごまかしながら覚えていました。

『ハッシュ!』は高く評価されて、キネマ旬報賞やブルーリボン賞主演女優賞も受賞。でも、女優として女性として、ノリにのっていた30歳のとき、思わぬ病気に見舞われました。

『ハッシュ!』の公開後に、生死をさまよいました。

新しい舞台の稽古中にひどい片頭痛で倒れて病院に運ばれたら、脳出血を起こしていて、すでにろれつも回らなくなっていたんです。

『ハッシュ!』のブルーリボン賞受賞の知らせも病院のベッドの上で聞きました。

今から考えると、寝ないで無理をして、仕事と家庭を両立していると自負していたなんて、自分本位でした。

結果的には、仕事にも大きな穴をあけて大迷惑をかけ、家族にも死を覚悟させるような心配をかけた。

倒れる前に「これさえ終わったら、私はどうなってもいい」なんて命を粗末にするようなことを口走っていたのは、本当に若気の至りだったと思います。

幸い手術を受けて2年ほどの闘病後、リハビリを経て仕事に戻ることができ、さらにふたりの子にも恵まれ、3人の子供のママで仕事とプライベートも充実している片岡礼子さんです。

まとめ

今回は『ネスレアイソカルCM女優は誰?電話でお父さんを心配する女性を調査!』と題しましてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

片岡礼子さんは20歳で女優デビューし、’01年に出演した『ハッシュ!』で映画賞を総なめにしたのですが、その直後、脳出血で休養を余儀なくされるという体験をし、45歳の今、また再び女優として活躍しています。

大変な経験をされた片岡礼子さん、今の片岡礼子さんがあるのは、その経験があったからではないでしょうか?

今後の活躍も期待できる片岡礼子さんです!!

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

まる
まる
最後までご覧いただきましてありがとうございました!
める
める
めるでした!